So-net無料ブログ作成
健康や運動に関すること ブログトップ
前の2件 | -

炭酸や果物で歯が溶ける!?酸蝕歯に要注意、第三の歯の病気 [健康や運動に関すること]

炭酸や果物で歯が溶ける!?酸蝕歯に要注意、第三の歯の病気

888322.jpg

おいしい食事の基本といえば、
調味料の「さ・し・す・せ・そ」
砂糖、塩、酢、醤油、味噌、かもしれませんが、
それ以上に大切なのが
食べ物を咀嚼して、
飲み込みやすい形に整えてくれる歯、
ではないでしょうか。

健康な歯がなければ、
口の中が気になって
食事は美味しくいただけません。

これまでは、
虫歯や歯周病が大きな問題として
取り上げられることが多かったのですが
最近では少しずつ状況が
変わってきてるようです。

というのも近年、
現代人の食生活の変化によって、
歯が溶けてしまう
酸蝕歯(さんしょくし)になる人が増えており、
徐々にその注目度が高まっているようです。

ありがたくない注目度の高まりですね。

今回はまだ耳慣れない方もいるかもしれない、
酸蝕歯とは、いったい何が原因なのか、
その原因と対策、予防方法などについて、
調べてみたのでまとめておきたいと思います。


 ■歯が溶ける酸蝕歯とは何?

 ■歯を溶かす原因となる食べ物や飲み物とは?

 ■胃や食道の病気も原因になるかも

 ■酸蝕歯を予防するには?

 ■まとめ



「炭酸や果物で歯が溶ける!?酸蝕歯に要注意、第三の歯の病気」のつづきはこちらから


nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

虫歯・歯周病を予防するための7つの方法 [健康や運動に関すること]

全身の健康は歯の健康から

1155427.jpg

肥満や生活習慣病の予防のためには、
色んな物をバランスよく食べることが
当たり前のことですが
とても重要です。

健康維持のための特別な食べ物は、
ほとんど存在しないと考えても
いいのではないかと思います。

何か特別なものを
たくさん食べて健康維持に努めるよりも、
身近にある旬のものを、
バランス良くよく噛んで食べることが、
何よりも大切なのではないかと、
最近特に思います。

そして、何でもバランス良く
よく噛んで食べるためには、
健康な歯が欠かせません。

よく噛んでバランス良く食べるということは、
健康維持の上で誰もが納得する、
当たり前の事実だと思います。

おそらく否定する人はいないでしょう。

その上で、
自分の歯で何でも噛めるということは、
食生活を豊かにすると同時に、
自分自身の健康維持・増進、
病気の予防にもおのずと繋がってくる
ということになります。

つまり自分の歯の健康を守るということは、
歯だけでなく全身の健康維持の為にも
理にかなっていて効果的だと考えられます。


日本では、
「80歳で自分の歯を20本以上保つこと」
だけではなく、
「60歳で自分の歯を24本以上保つこと」
「40歳で自分の歯をすべて保つこと」
も提唱されているそうです。

私は60歳と40歳の話は、
知りませんでしたが、
8020運動のことは、
子供のころに聞いた覚えがありました。

歳をとって歯が抜けるのは
老化現象の1つだと思われがちですが、
歯周病を正しく予防・治療すれば、
どれだけ年齢を重ねていっても
いつまでも自分の歯を保つことが可能です。

自分の歯をいつまでも健康に保つため、
まずは、日頃から取り組みやすい、
ブラッシングや歯の健康維持のための
生活習慣を見直してみましょう。


 ■歯周病予防に最も効果的な
  「プラークコントロール」

 ■歯を健康に保つコツ

 ■生活習慣を見直して、
  歯周病の危険因子を減らそう!

 ■歯周病を予防する生活習慣改善のポイント

 ■虫歯ができる4つの条件とは?

 ■ 虫歯・歯周病予防のための7つの方法

  ●1 歯ブラシだけでは不十分!
  ●2 食後や寝る前にはブラッシング&マッサージ
  ●3 「フッ素」のチカラで歯をガード!
  ●4 食後の「キシリトール」で歯垢&酸をブロック!
  ●5 ゼロ歳のときからデンタルケア
  ●6 高齢者は根面虫歯にご用心!
  ●7 定期的な歯科検診で徹底チェック!

 ■まとめ



「虫歯・歯周病を予防するための7つの方法」のつづきはこちらから


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の2件 | - 健康や運動に関すること ブログトップ