So-net無料ブログ作成

虫歯・歯周病を予防するための7つの方法 [健康や運動に関すること]

全身の健康は歯の健康から

1155427.jpg

肥満や生活習慣病の予防のためには、
色んな物をバランスよく食べることが
当たり前のことですが
とても重要です。

健康維持のための特別な食べ物は、
ほとんど存在しないと考えても
いいのではないかと思います。

何か特別なものを
たくさん食べて健康維持に努めるよりも、
身近にある旬のものを、
バランス良くよく噛んで食べることが、
何よりも大切なのではないかと、
最近特に思います。

そして、何でもバランス良く
よく噛んで食べるためには、
健康な歯が欠かせません。

よく噛んでバランス良く食べるということは、
健康維持の上で誰もが納得する、
当たり前の事実だと思います。

おそらく否定する人はいないでしょう。

その上で、
自分の歯で何でも噛めるということは、
食生活を豊かにすると同時に、
自分自身の健康維持・増進、
病気の予防にもおのずと繋がってくる
ということになります。

つまり自分の歯の健康を守るということは、
歯だけでなく全身の健康維持の為にも
理にかなっていて効果的だと考えられます。


日本では、
「80歳で自分の歯を20本以上保つこと」
だけではなく、
「60歳で自分の歯を24本以上保つこと」
「40歳で自分の歯をすべて保つこと」
も提唱されているそうです。

私は60歳と40歳の話は、
知りませんでしたが、
8020運動のことは、
子供のころに聞いた覚えがありました。

歳をとって歯が抜けるのは
老化現象の1つだと思われがちですが、
歯周病を正しく予防・治療すれば、
どれだけ年齢を重ねていっても
いつまでも自分の歯を保つことが可能です。

自分の歯をいつまでも健康に保つため、
まずは、日頃から取り組みやすい、
ブラッシングや歯の健康維持のための
生活習慣を見直してみましょう。


 ■歯周病予防に最も効果的な
  「プラークコントロール」

 ■歯を健康に保つコツ

 ■生活習慣を見直して、
  歯周病の危険因子を減らそう!

 ■歯周病を予防する生活習慣改善のポイント

 ■虫歯ができる4つの条件とは?

 ■ 虫歯・歯周病予防のための7つの方法

  ●1 歯ブラシだけでは不十分!
  ●2 食後や寝る前にはブラッシング&マッサージ
  ●3 「フッ素」のチカラで歯をガード!
  ●4 食後の「キシリトール」で歯垢&酸をブロック!
  ●5 ゼロ歳のときからデンタルケア
  ●6 高齢者は根面虫歯にご用心!
  ●7 定期的な歯科検診で徹底チェック!

 ■まとめ



「虫歯・歯周病を予防するための7つの方法」のつづきはこちらから


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

大腸カメラ・胃カメラ検査を受ける際の流れと注意点 [健康や運動に関すること]

大腸カメラ・胃カメラ検査を受ける際の流れと注意点

1176281.jpg

以前から排便時の出血があって、
気になってはいたのですが、
最近はその症状も落ち着いていたので、
そのまま様子をみていました。

今でも強くいきんだ時には
出血することもありますが、
その量も以前と比べると、
はるかに少なく、
痛みも少なくなっているので、
特段の検査や相談もすることなく、
過ごしてきました。

ところが、
ひょんなことから、
勤務先でお世話になっている
内科医の先生に自分の症状を話す機会があり、
結果として、先生の口利きで
大腸カメラと胃カメラの検査を
受けることになりました。

同時にピロリ菌の検査と、
血液検査も行う予定です。

また違う日時となりますが、
胸部CT検査も行って
内臓をくまなく診てもらう予定です。

ということで、
今回は初めての大腸・胃カメラの
事前準備について、
自分の備忘録として記録を残しておきます。

参考までに、
今回検査を受ける私は、
37歳の男性です。

今までに内臓関連の大きな病気はなく、
20年前くらいに
左肘近辺の骨折の経験があるくらいです。

排便時の出血は、
その状況や経過から考えると、
痔の一種ではないかと
自分ながらに考えています。

もしくは大腸周辺からの出血だと思います。

なお、
今回の検査の流れは、
あくまで私が経験したことを
まとめているので、
受診する病院によっては、
若干違う流れとなるかもしれません。

あくまで参考程度に
見てもらえたらと考えています。

 
 ■事前準備の流れ

 ■前日の朝・昼・夜の食事

 ■前日の夕食後の準備

 ■当日朝の準備

 ■いざ検査

 ■まとめ



「大腸カメラ・胃カメラ検査を受ける際の流れと注意点」の続きはこちらから


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:健康