So-net無料ブログ作成

意外と知らないガムの賞味期限 [疑問に思って調べたこと]

意外と知らないガムの賞味期限

KIMG0767.JPG

最近、スーパーの見切り品コーナーで
キシリトールガムを見つけました。

体を動かすことの多い、
理学療法士をしている私は、
いつでもおなかが空いています。

訪問リハビリを主に行っているので、
移動の合間にガムを噛んで
空腹を紛らわしています。

そんな私に、
キシリトールガムは、
仕事をする上での必需品。

中途半端な時間に、
間食をすると糖尿予備軍になるかもしれないし、
その他の生活習慣病にかかってしまうのも
困るだけ。

だもんで、
見切り品コーナーで、
キシリトールガムを見つけたときは、
とても得した気分でした。

しかし、
ここでひとつ疑問が。

見切り品コーナーにあるということは、
賞味期限が近づいているという証拠。

そう思って、
キシリトールガムの賞味期限を確認すると、
なぜかどこにも記載がない。

そんなはずはない、
と思ってくまなく探してみるけれど、
やっぱりどこにも記載がない。

ということで、
製造元に質問してみたり、
ネット情報を調べてみました。

今回は意外と知らないであろう、
ガムの賞味期限について、まとめてみます。




 ■水分が少ないので、非常に長持ちする

 ■トクホのガムは例外

 ■多くのガムの特徴は・・・

 ■まとめ




 ■水分が少ないので、非常に長持ちする

一般的に、ガムは水分が非常に少なく、
腐敗や劣化が進みにくいとされています。

食品衛生法では、
「品質の劣化が極めて少ないもの」
に関しては、
賞味期限を省略することが
認められているそうです。

今回のキシリトールガムに
賞味期限の記載がなかったのは、
この取り決めがあるためのようです。

砂糖や塩と同じように、
品質の変化が極めて少ない食品なので、
適切な条件下であれば、
長期保存は可能とのことです。

そうか、
そういえば砂糖の賞味期限が
記載されていないことに気づいて、
疑問に思ったことがありました。

家の中の砂糖をもう一度確認してみると、
確かに賞味期限の記載がない。

同じように、
塩についても探してみると、
やっぱり賞味期限の記載がない。

じゃあ、
どのくらい保存が可能なのか、
という点が疑問として残りますが、
想像よりも長持ちするという認識で、
間違いはなさそうですね。

よくよく考えてみると、
砂糖も塩も、
保存食の材料にもなっていますから、
賞味期限が長いのも、
納得という気がします。



 ■トクホのガムは例外

ちなみに、
特定保健用食品(トクホ)は、
「許可を受けた健康機能(成分)を
 担保することを目的として」
賞味期限を表示することが
義務付けられているそうです。

だから、
「賞味期限あり」のキシリトールガムや
リカルデントなどは、
トクホのガムなので、
賞味期限の記載があるようですね。


ただ、ガムをしばらく放置していると、
弾力がなくなって、
噛むとすぐにバラバラになってしまう
ことがあるそうです。


そんな場合も、
しばらく噛んでいると
通常通り噛めるようになるそうです。

そうはいっても、
いったん開封してしまったガムは、
香りが弱くなったり、
吸湿してしまいます。

あるいは、
反対に乾燥してしまったりする恐れがあり
「早めに食べきることをお勧めする」
とのことです。



 ■多くのガムの特徴は・・・


ガムの原料は、
ガムベース・糖類・香料など
経時的に安定した物質を使っており、
水分も非常に少ない商品です。

そのため、品質の劣化が少なく、
物質が安定していることから
賞味期限の表示をしていません。
(表示義務がありません)

ただし、直射日光のあたる場所や、
高温、多湿で保管をされていた場合は
品質が劣化し、風味や食感
が徐々に損なわれる場合があります。

なお、特定保健用食品であるガムは、
賞味期限の表示が義務付けられています。





 ■まとめ

いかがでしたか?

ガムって砂糖や塩と同じように、
非常に安定している材料で作られているので、
賞味期限の表示義務のないそうです。

でもトクホのガムは例外のようですね。

もしかしたら、
他にも身近なところに賞味期限のない
食品があるのかもしれないですね。





関連記事はこちらから ↓↓

>>歯ブラシがなくてもできる、3つの口腔ケア

>>ちょっと気になる子供の睡眠の疑問 歯ぎしり いびき おねしょ 夜泣き

>>自分がもし歯軋りしているとしたら・・・

>>よく噛んで得られる6つの良い事とそのコツ!

>>だれもがやっていそうなNGな歯の磨き方

>>歯磨き後に飲んでも影響のない飲み物は?



ちょっとでも応援しようかなと思った方は、
以下のランキングボタンを
ポチポチっと押して頂けると嬉しいです♪
それが私の励みになります。
もちろんコメントも大歓迎です!!

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹 ブログランキングへ




nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 20

コメント 6

ぼんぼちぼちぼち

へー、勉強になりやした。
個人的にはガムは噛まないでやすが(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-05-06 16:33) 

wajifudou0123

ぼんぼちぼちぼちさん、訪問&niceをありがとうございます。
私もあまりガムは噛まない方でしたが、むし歯予防になるかと考えて、
キシリトールガムを最近噛むようになりました。効果のほどはまだ分かりませんが、少しでも効果を実感できれば、継続予定なので、今回はガムのまとめ買いのついでに、賞味期限が疑問になりました。
by wajifudou0123 (2018-05-08 08:01) 

葵

ブログランキングから訪問させていただきました。
ガムは賞味期限が省略されているんですね。
初めて知りました。
また訪問させていただきます。
by (2018-05-10 12:18) 

wajifudou0123

葵さん、訪問ありがとうございます。
最近知ったことですが、ガム以外にもアイスクリームも賞味期限の省略されているものがあるそうですよ!
by wajifudou0123 (2018-05-11 23:53) 

U3

でも保存状態が悪いとガムもベトベトになりますよね。
by U3 (2018-05-12 08:47) 

wajifudou0123

U3さん、訪問&niceをありがとうございます。
ご指摘の通り、保存状態が悪いとベトベトになるかもしれません。
湿気の多い環境で保存しているとベトベトになるのですかね?
本来ガムは、水分がかなり少ない状態になっているそうなので、ベトベトになるということは、ガムが水分を含んでしまったということでしょうか?キシリトールガムのように、コーティングされたガムは、あまりベトベトにならないかも知れないですね。紙で包まれた板ガムは、湿気に弱く、ベトベトになるのかもしれません。
by wajifudou0123 (2018-05-12 15:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。