So-net無料ブログ作成

だれもがやっていそうなNGな歯の磨き方 [健康や運動に関すること]

だれもがやっていそうなNGな歯の磨き方

850223.jpg

毎日の習慣である歯磨き。
きちんと磨けていると思っている人は
多いと思います。

けれど本当にそうでしょうか? 

思い返してみると
歯の磨き方や口腔ケアについて、
専門家に学んだ記憶はありません。

親に教えてもらったくらいでしょうか。

自分が子供に歯の磨き方を
教えるにあたって、
そういえば歯の磨き方ってどうだろう?

と自分の歯磨きについても疑問が
湧いてきました。

よかれと思ってやっている口腔ケアが、
実は歯にダメージを与えていることも
あるかもしれません。

では一体どんなケアが
間違っているのでしょうか? 



 ●食後すぐに歯磨きをする

「歯の表面は、エナメル質という
 硬い組織で出来ているそうですが、
 口の中が酸性に傾いてくると、
 エナメル質がもろい状態に
 なってしまいます。
 なので、炭酸飲料や
 ドレッシングなどを多く取って、
 口の中が酸性に傾いている状態で
 歯磨きをすると、
 エナメル質がダメージを受ける
 リスクが出てくるそうです」

エナメル質がダメージを受けると、
歯がもろくなり、
そこから虫歯や歯周病の原因となることが
あるようです。

食後すぐに歯を磨いてるという人、
結構多いのではないでしょうか? 

実は私もそうでした。

実際に歯を磨くのは、食後15~30分程度、
時間を空けてからが良いそうです。

唾液の働きにより口の中が中和され、
“歯の再石灰化”という作用によって、
歯のエナメル質を再び
硬くしてくれるんだそうです。


 ●歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉をつける

「歯ブラシを濡らしてから歯磨きをすると、
 ハミガキ粉が素早く泡立つので、
 短時間で『磨いた』気になってしまい、
 汚れや細菌を落とし損ねていることが
 増えてしまうそうです」

私はあまり濡らした歯ブラシが
好きではないので
やっていませんでした。

けれど当たり前かのように、
水に濡らしてから歯ブラシを使っている方、
多いのではないでしょうか?

効果的に歯を磨くには、
乾いた歯ブラシに
ハミガキ粉をつけて磨くのが
正解だそうです。

私は歯磨き粉をつけずに
わかる範囲で汚れを落とし、
その後に仕上げの意味で、
歯磨き粉をつけて歯磨きをしています。



 ●かたい歯ブラシを使う

「歯ブラシの毛先は、
 細くて柔らかいもののほうが
 歯と歯の間や
 歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)などの
 隙間に入りやすく、
 磨き残しが少なくて効果的だそうです」

柔らかめだと、
イマイチ磨いた気にならないんだよなーという方、
気持ちはわかります。

私も同じ意見で、
コンパクトヘッドで固くて
極細毛の歯ブラシを使ってます。

そして磨くときには、
鉛筆を持つ持ち方で極力軽い力で、
歯を磨いています。

でも固い歯ブラシで
ゴシゴシ磨くと歯が削れてしまったり、
歯茎が下がる原因にも
なってしまうそうですよ! 

要注意ですね!




 ●歯を強く磨く

「毎回強いブラッシングを続けると、
 歯茎が下がりはじめてしまい、
 歯と歯茎の境目の象牙質が
 むき出しになってしまいます。
 その結果、 知覚過敏を
 引き起こす可能性が高まります」

最近知覚過敏かなと
思うことがありましたが、
強く磨いていることが原因なのかも!?

軽めの力で磨いているつもりでしたが、
要注意かもしれないですね!

歯ブラシは軽く持ち、
ゆっくり丁寧に一本ずつ磨いていく事を
心がけたいと思います。



 ●電動歯ブラシを過信する

「歯磨きの基本は
 歯に歯ブラシをいかに上手に当てるか、
 ということに尽きます。
 毛先を歯にしっかりと
 当てることができなければ、
 電動歯ブラシも意味がありません。
 だから電動歯ブラシが
 優れているかどうかよりも、
 まずは普通の歯ブラシを
 上手に使えるようになる、
 そのことが重要です」

どんなに性能のいい
電動歯ブラシを使っても、
きちんと食べかすの残りやすいところが
磨けなければ宝の持ち腐れ。
歯はもちろん、
舌まで正しく磨けて一人前です!

ちなみに私は電動歯ブラシは、
使っていません。

その理由は
なんだか歯磨きをした気になれないから。

なんでも自分でやりたい
性格なんでしょうね。



 ●歯磨き後、たっぷりの水で口をゆすぐ

「歯磨きの後に口をしっかりゆすいで
 洗い流してしまうと、
 歯磨き粉に含まれるフッ素などの
 有効成分も洗い流されてしまいます。
 歯磨き後は軽くゆすぐだけで
 十分だそうですよ」

なんと、うがいをする際は
10cc程度の水(小さじ2くらい)で
大丈夫なんだそうです。

余計な水を使うと、
せっかくキレイに磨いても、
ハミガキ粉の効果が
弱まってしまうらしいので。

でもなんだかゆすいだ気がしない気も。

まぁ、本来の目的から外れないよう、
歯医者さんがお勧めする方法で、
歯磨き後のうがいもした方がいいですよね。





 ◆便利な歯間ブラシは、サイズに気をつけて

最後に、歯ブラシと並んで、
口元ケアグッズの代表格である
歯間ブラシを使う際の注意点について。

歯の隙間よりも、
大き過ぎる歯間ブラシを使用すると、
歯肉を傷つけることがあります。

それらの傷から、
歯周病に至ることもあるので、
注意が必要です。

使用する際はサイズを
必ずチェックして
乱暴にしないでくださいね。



■まとめ

いかがでしたか?
歯磨きに自信があるという方も、
心当たりのある項目があったのでは?

私は食後の歯磨きのタイミングや、
歯ブラシ選び、歯磨きの強さなどが
改善の余地あり、だと思いました。

反対に電動歯ブラシは全く使わないし、
歯間ブラシはほとんど使うことがないので、
今後は歯間ブラシも使うことを
検討します。

正しい口元ケアで、
美しい歯を目指しましょう!



関連記事はこちらから ↓↓

>>口内炎が治らない…改善の糸口は食事にある!?

>>歯ブラシがなくてもできる、3つの口腔ケア

>>自分がもし歯軋りしているとしたら・・・

>>虫歯なりにくい食べ物を知って積極的に口腔ケア


ちょっとでも応援しようかなと思った方は、
以下のランキングボタンを
ポチポチっと押して頂けると嬉しいです♪
それが私の励みになります。
もちろんコメントも大歓迎です!!

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹 ブログランキングへ


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 11

コメント 2

Dirk

That is a good tip particularly to those fresh to the blogosphere.

Brief but very accurate information… Appreciate your sharing this one.

A must read article!
by Dirk (2018-07-28 11:28) 

Refugio

Undeniably believe that which you said. Your favorite justification seemed to be on the web
the simplest thing to be aware of. I say to you, I definitely get annoyed while
people think about worries that they just don't know about.
You managed to hit the nail upon the top as well as defined out the whole thing without having
side-effects , people can take a signal. Will probably be back to get more.
Thanks
by Refugio (2018-09-20 08:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。