So-net無料ブログ作成

自分に言い訳しない生き方を実践するために [リハビリの仕事]

■起業したいけど家族がいるからできない
  自分に言い訳しない生き方を実践するために


086542.jpg

先日、久々にあう幼馴染と話していたときのこと。
集まるメンバー全員が結婚し、
子供も授かり一家の大黒柱として
家計を支える存在となってからの話題として
よくネタになること。



「大手上場会社に入れたけど、
 やっぱり一国一城の主も憧れるよなぁ」

「俺も起業したいけど、嫁さんと子供がいるから
 なかなか思い切ったことができないんだよなぁ」

「俺も独身だったら後先考えずに行動できるんだけど、
 つい二の足を踏んじゃうんだよなぁ」

というような話。



このセリフ、
既婚の男性からかなりよく出てくるセリフです。

思い当たる節のある方は
結構いるんじゃないでしょうか。

もちろん私も同じように考えたりもします。

でも、自分を客観視して考えると、
ちょっと考え方や視方が変わってきます。





予め断っておきますが、
別に起業が最善と言いたいのではありません。



今の仕事が好きで、
やりたいことだからやっている、
というなら、どの会社に勤めていても
恥じることはないですし、
誇りに思ってもいいのではないでしょうか?



ただし、情けなく思うのは、
夢の実現を妨げている原因を、
他人のせいにすること。

特に家族の為に
自分のやりたい仕事を我慢している
と考えることではないでしょうか。



もし自分の子供が
世の中の仕事のことを色々と学ぶ時期に
自分の父親がそんな言い訳していたことを知れば

「ウジウジして情けねぇ、
 こんな男にはなりたくない!」

と素直に感じるものです。

尊敬よりも軽蔑や落胆を感じるのではないでしょうか。


家族がいるとか、いないとか
守るものがあるとか、ないとか
本当はそんなこと関係ないんじゃないですか?

家族を理由に夢を諦めるなら、
独身の時には何をしていたのか?


独身であろうと、
所帯持ちであろうと、
抱えるリスクに違いはありません。

影響の及ぶ範囲が違うくらいでしょうか。


大切なのは、
自分のやりたいことと真剣に向き合えるかどうか。

変化を恐れて守りに入るのか、
変化を受け入れて攻めるのか。

どちらも一長一短あるので、
判断は難しいところです。

けれど、何もせず愚痴を言い続けるよりも、
失敗してもいいので挑戦してみることの方が、
自分にとっても子供にとっても
学びになるのではないでしょうか。

経済的に苦しくても、
まじめで何かに一所懸命な親の姿は、
子供に対して訴えかけるものがあるようです。


もちろん、変化にリスクはつきものです。

でも、変化しないということも
リスクとして考えられます。

いずれにしたって、
リスクは存在するんです。

本当に守りたいものがあるなら、
あえて攻めることも必要。

考えに考えて出した結論なら、
誰も文句は言えないのではないでしょうか。

守りに入ると、守りたいものも守れなくなる。

諦める理由を自分以外のせいにするのは
周囲の環境や状況にに振り回されてる証です。

自分が主体的に行動できていないから。

周りに合わせて能動的に生きているから。

そのままでは、これからも周囲の環境に
振り回される生き方しかできません。

悶々とした後悔ばかりの日々を過ごしたくなければ、
周りなど気にせず、自分が主体となって
行動するしかありません。

こんな風に考えてみると、
人生の選択肢は実にシンプルです。

やりたいことをやり続ける!


年末に幼馴染に会うときに、
話してみようと思います。






関連記事はこちらから ↓↓

>>老化に徹底抗戦!ポイントは普段の生活習慣だった!?

>>寿命が変わる!体内の「慢性炎症」に対処して健康寿命を延ばそう!!

>>サプリ過剰摂取は「死亡率」を引き上げていた!?

>>そろそろ土鍋の季節、ということで土鍋の手入れの仕方

>>日常的な土鍋の手入れについて カビ、臭い、割れ対策

ちょっとでも応援しようかなと思った方は、
以下のランキングボタンを
ポチポチっと押して頂けると嬉しいです♪
それが私の励みになります。
もちろんコメントも大歓迎です!!

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0