So-net無料ブログ作成

オムツを卒業したと思ったら、おねしょもしなくなった!! [子供たち]

オムツを卒業したと思ったら、おねしょもしなくなった!!

167249.jpg

ここ何日か、
次男のお漏らしが劇的に減ってきました。

日中のお漏らしはほぼ無くなり、
おねしょすら殆どしなくなったのです。

あまりの急激な変化に、
家族みんなでびっくり!!!

当の本人は清ました表情ですが、
若干得意顔なときがあるのは
見逃しませんでした。



お漏らしをして怒ることは
殆ど無いのですが、
失敗したという気持ちは
次男にもあるようです。

お漏らしたときには、
ちょっとションボリした表情に
なることが多いのです。

もうすぐ3歳の子供ではありますが、
子供なりに感じることが
あるようです。

その感じたことを
上手に表現するのは、
まだ難しいようですが、
そこのところは、
周囲の大人が上手く汲み取って
あげる必要があるのでしょう。








せっかく成功続きだった、
トイレトレーニングですが、
ここのところ、
失敗が続くようになってきました。


 何でかな、
 せっかく上手くいっていたのに

と思っていましたが、
原因は赤ちゃん返りの
一種だったようです。

簡単に言ってしまえば、
甘えたいだけ。

9ヶ月の三男にばかり、
両親の気が向いてしまうので、
長男と次男は、
ほったらかしにされることも
しばしばあります。

そんな様子が続くと、
時には長男も次男も構ってほしくて、
あの手この手で、
両親の注意を引こうとします。

兄弟でけんかしたり、
ちょっとしたことで泣いたり、
ものを壊して
怒られるようなことをしたり、
部屋を散らかしたり、
食事を食べなかったり・・・

実に様々なことで、
注意を引こうとします。

時には怒鳴ってしまうこともあるけれど、
子供たちからの大事なメッセージ。

しっかりと汲み取って、
子供たちの気持ちに応えてやりたいと
思います。









今回のオムツ卒業も、
本当はできていると思います。

しかし、構ってほしい気持ちもあって、
無自覚にワザと失敗している部分が
あると思います。

そんな時は、注意はするけど
怒らずに怒鳴らずに、
接することを心がけます。

そして、上手く出来たときには、
少々大げさなくらい褒めます。

すると得意満面の表情を
子供たちは見せてくれます。

273220.jpg


我が家では、
褒め方をパターン化しています。

私が褒めるときには、
親指を立てて
「グッジョブ!!」
と言っています。

私からの
「グッジョブ!!」
が出れば、
褒めているのだということが
すぐに伝わるので、
この方法を使っています。





>>子供たちのオモシロ語録 1 

>>2歳の次男が最近覚えた言葉「ラッスンゴレライ」

>>ほっこりの本当の意味と、近所付き合いと、子育ての輪







ちょっとでも応援しようかなと思った方は、

以下のランキングボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0