So-net無料ブログ作成

電池の単一、単二とかって何が違うんだろう? 大きさだけ? [子供たち]

sozai_10554.jpg

子供たちが遊ぶおもちゃの中に、電池が必要なおもちゃがいくつかあります。

電池が切れると、私に電池交換を頼みにくるのですが、

最近は、単三電池を大量購入しておき、スペーサを利用して

単二と単一は、単三電池で代用していました。

そこで、最近電池切れになったおもちゃの電池交換をしようと

電池ボックスの蓋を開けてみると、

単二電池が4本必要なところに、

単二電池3本とスペーサを使った単三電池が1本入っていました。

電池残量を調べてみると、単三電池だけ消耗していました。


そこで疑問です。

どうして同時に交換したはずなのに、

単三電池だけ先に残量不足になったんでしょうか?

なんとなく理由は想像がつきますが、

思いがけない理由が見つかるかもしれないので、

一応調べてみました。



スポンサードリンク


結果は、予想通りでした。

大きさの違いもありますが、その大きさの違い故に、

容量に違いがあるようです。

大きさに違いがある分、

それだけ多くの電池の素材・材料を

詰め込むことができるので

容量に違いが出てくるようです。



一般的に、

単一~単四までの乾電池の電圧は

1.5Vが多いようです。

電圧は乾電池の出力と考えると分かりやすそうです。

電流(A)アンペアが容量と考えるといいようです。

一般的な乾電池ではアンペアは表記されていませんが、

充電可能な電池には、アンペア表記があった気がします。



結局、スペーサーを用いて大きさだけを揃えても、

元々の容量が違うので、

残量不足になる電池に差が出るのは

どうしようもなさそうです。

できれば所定の電池を利用するのがベストで、

スペーサーで代用するなら、

代用する電池も統一した方が良さそうです。

その方が、電池に余計な負荷をかけずに

済みそうですからね。

また、電池を使うおもちゃへの負担も

少なくて済みそうですね。

まぁ、自己流で変な使い方をすれば、

壊れやすいということでしょうか。




子供たちのお陰で、ちょっと勉強になりました。

でも電池関連で新たに疑問が浮かんできました。

この疑問はまたの機会に調べてまとめてみようと思います。


スポンサードリンク



>>そろそろ土鍋の季節、ということで土鍋の手入れの仕方

>>日常的な土鍋の手入れについて カビ、臭い、割れ対策



ちょっとでも応援しようかなと思った方は、

以下のランキングボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0