So-net無料ブログ作成

ほっこりの本当の意味と、近所付き合いと、子育ての輪 [子供たち]

ほっこりの本当の意味と、近所付き合いと、子育ての輪


304555.jpg


子供たちと遊ぶのは、思っていたよりも楽しいかもしれない。

今日は近所の友達と、餅つきをしました。

というのも、友達同士で集まって絵本の読み聞かせなどをしているのですが、

その中で、「おむすびころりん」の絵本の世界を再現してみよう!

ということで、今日の餅つきが決まりました。

スポンサードリンク





「おむすびころりん」のあらすじは、

むかしむかし、あるところに良いおじいさんがいて、

ある日外でおむすびを食べていると、そのうちの一つが落ちたところから始まります。

落ちたおむすびはコロコロ転がって、ねずみの巣穴に入り込みます。

そこでは、ねずみたちが餅をついていました。

良いおじいさんは、餅つきを手伝い、帰りにはお土産までもらって帰りました。

その話を聞いた悪いおじいさんが、同じようにおむすびを転がして、

ねずみの巣穴にたどり着き、ネズミたちを騙してお土産を騙し取ろうとしたところ、

逆にひどい目に遭ってしまうというものです。

かなり省略してはいますが、だいたいこんな感じです。



そこで、今日は餅つきと、おむすび転がしをしてみんなで遊びました。

おむすび転がしでは、ダンボールで作ったトンネルをねずみの巣穴に見立てて

紙で作ったおむすびを転がして遊びました。

餅つきは、臼と杵を用意して本当に行いました。

最近は餅つき機で餅をつくことがおおくなりましたが、

臼と杵を使った餅つきは、皆で行う共同作業にもなるので、一体感も生まれます。

また、臼と杵を使うと力仕事と時間との勝負にもなります。

こうなったら、これはお父さんたちの仕事!

ここぞとばかりに、お父さんたちが大活躍です。

みんなのかけ声の甲斐もあって、あっという間に餅が出来上がりました。



餅を丸める作業は、餅つきそのものよりも慣れたもの。

出来立ての熱い餅を手早くねじり切り、丸めて伸ばして、丸餅の完成です。

余裕のある人は、あんこを包んであんこ餅も作りました。

年に5.6回は餅つきをする私は、なかなかない活躍の場となりました。

餅つきから始まって、餅を丸めて、最後にたべるところまで、

皆で交代しながら、かけ声をかけながらの作業で、一体感も生まれ、

なんだかご近所の絆が深まった気がします。

子供も含めて皆で、かなり楽しめたイベントになりました。


スポンサードリンク




今回の集まりは、大人皆で、子供全体の面倒をみるという雰囲気だったので、

自分の子供以外も遊び相手をしたり、世話を焼いたりしました。

他人の子供でも、時には叱り付けたり、注意することもありました。

でも、お互いに信頼関係が出来ているので、トラブルになることはありません。

普段とは違う人に注意されると、子供たちも聞き入れやすいようです。

子供のしつけのためにも、時々こんな集まりがあるのもいいかもしれません。

楽しみや失敗談を共有し、子育ての輪が広がっていく感じがします。



核家族化がどんどん進む中、近所付き合いも減り、寂しい世の中になっている気がします。

誰とでも仲良く、とはいかないかもしれませんが、

少しずつ輪が大きく広がっていくことが、嬉しく思います。


また、普段はやらない遊びを紹介しあったり、他所の子供と遊ぶのは、

大人にとってもいい刺激になります。

時には子供たちに囲まれて、遊び疲れることもありますが、それも心地よい疲れです。

これが本当の意味での、

「ほっこり」

ですね!

今では、「ほっこり」の意味が若干変わってきていますが、

本来は「ここちよい疲れ」という意味だそうです。

今回の一件で、少し賢くなれた気がします。



スポンサードリンク




>>子供たちのオモシロ語録 1 

>>2歳の次男が最近覚えた言葉「ラッスンゴレライ」



ちょっとでも応援しようかなと思った方は、

以下のランキングボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0